2019/1/12「「走ることは生きること」尾崎礼佳さん講演会

胃がんで胃を全摘出しながらも走り続ける、京都在住の女性市民ランナー尾崎礼佳さん(58)を高松にお招きします。「走ることは生きること」。すべての人の人生と挑戦に勇気を与えてくれるエピソードを、ぜひ聞きに来てください。

とき:平成31年1月12日(土) 18:30~20:00
会場:サンポートホール高松 62会議室(定員45名)
講師:尾崎礼佳さん 京都市在住・コーチ・カウンセラー
参加費:2,500円(税込)
(終了後、希望者のみで講師を囲んで二次会を予定しています。参加費別)

■尾崎礼佳(おざきあやか)さん
15年ほど前、胃がんが見つかり3分の2を摘出。がん手術後にマラソンを走る鈴木宗男さんの姿に感動と悔しさを覚え、2012年から走り始める。
胃を摘出したことで柔らかい物しか口にできず、水さえ喉を通らなかった。それでも練習開始から5か月後にはハーフマラソンを完走。以降、神戸や徳島、北海道の大会を次々に走破する。2015年に再び胃がんが見つかり、全摘。再び絶望の淵に立たされたが、既にエントリーしていた富山マラソンに賭けた。手術後数カ月で挑んだ大会は4時間57分で完走。
その後、東京、京都、名古屋、神戸、徳島、宮古島など各地のマラソンを次々と走破。60㎞、100㎞ウルトラマラソンも完走する超ワンダー・ランナーとしてメディアからも注目を集める。

主催:かがわ自由大学

参加申込み
https://www.facebook.com/events/941825929348136/

2019-01-06 | Posted in セミナー情報Comments Closed